スーパー・ギドク・マンダラ
絶対の愛 奇想か。愛の深遠か。

愛の不安から整形にふみきり、自分の顔をつくり変える女。やがて新しい顔になった彼女は、恋人の前に現れる。真実を知らず、彼女を愛し始める男。しかし、その真実を知った時、彼はある行動をとる…。

■ 監督:キム・ギドク ■ 原題:TIME
■ 出演: ソン・ヒョナ、ハ・ジョンウ、
パク・チヨン、杉野希妃(ソ・ヨンファ)

「絶対の愛」公式サイト


「絶対の愛」公開記念
キム・ギドク レトロスペクティヴ
「スーパー・ギドク・マンダラ」

2/24(土)~3/16(金)、レイトショー他にて開催!
*日本未公開作を含む、長編第2作から全作を一挙上映!

カテゴリ
NEWS
鰐~ワニ~
監督来日レポート
絶対の愛
スーパー・ギドク・マンダラ
イベント&サービス情報
上映スケジュール
以前の記事
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
キム・ギドク監督来日レポート・2日目
2月25日(日)
日曜日でも朝10時から取材。ギドク作品が大好きで、監督と何度か会っている俳優の安藤政信さんとの対談もありました。この対談では、互いの愛と友情の化学変化が引き出したのか、居合わせた編集者や映画ライターさんを仰天させる、まさに「ギドク・ワールド」な発言を連発。お待たせして申訳ないのですが、ぜひ掲載誌(「プラス・アクト」4月2日発売号)でお読みください。この日の対談は、なんとカメラマンが映画『好きだ、』を監督した石川寛さんという豪華版でした。
この日は午後5時30分に取材を終えると、まずはスタッフ・関係者とあらためて歓迎ごはん会で人間関係を温め、その後は映画『どろろ』を見て、さらには『さくらん』も見るという取材以上の過密スケジュール!『どろろ』は行定監督を通じて知り合った妻夫木聡さんの主演作、『さくらん』は安藤政信さんも出演しているし、以前に対談した蜷川幸雄さんの娘さんである蜷川実花さんの監督作とあって、「ぜひ見たい」ということに。
さらに深夜の締めくくりは、ひとり夜の渋谷で小さなデジカメを持っての撮影散歩。
この映像は『絶対の愛』がDVD発売される際の特典映像になる予定。過密スケジュールだから、撮影はやめてお休みください、というスタッフの申し出を断って「どうしても撮りたい」と言って夜の街にでかけたギドク監督。ありがとうございます。そして、貴重なギドク撮影による渋谷の街を今から楽しみにしています。
[PR]
by zettai-love | 2007-03-08 23:30 | 監督来日レポート

<< キム・ギドク監督来日レポート・3日目 キム・ギドク監督来日レポート・1日目 >>